医療法人康和会
福岡県飯塚市 柴田みえこ内科・神経内科クリニック 診療科目/神経内科・内科・リハビリテーション科
柴田みえこ内科・神経内科クリニック ご予約・お問合せは、電話0948-21-0011/〒820-0014 福岡県飯塚市鶴三緒1547-10(大浦バス停前)
頭痛 めまい 手足のふるえ 手足のしびれ 物忘れ 歩きにくい 二重に見える しゃべりにくい 手足の脱力感

歩くときにふらつく

年をとると一般に、若いときに比べてふらつきやすくなります。多少のふらつきは、自然な加齢現象といえますが、急にふらつきが多くなった場合は、何らかの病気がかくれていることがあります。

脳や脊髄の病気で身体のバランスが悪くなる

脳梗塞の後遺症、パーキンソン病、小脳の病気といった脳の病気、重症筋無力症や多発性筋炎など筋肉の病気などが原因で身体のバランスが悪くなり、ふらつきやすくなります。また、頚椎の変形で脊髄が圧迫されておこる頚椎症性脊髄症になると、歩行時のふらつきが多くなり、ふらつきやすくなります。

足の筋力が弱くなる

足の筋力が衰えると、それだけでふらつきやすくなります。他の病気やケガなどで長く寝ていると筋力が弱るので、急に元のように歩こうとすると転ぶ恐れがあります。リハビリで筋肉のトレーニングを行いましょう。

背中や腰が曲がってくる

骨粗鬆症で脊椎の形がつぶれてきたり、背筋が弱くなってくると背中が曲がってきて、身体の重心が前に移ってふらつきやすくなります。一般的に背中が曲がってきたり、身長が低くなってきた時は(目安は若いときの2cm以上低くなった場合)、骨粗鬆症の検査を受けましょう。骨が弱くなった状態で転ぶと、脊椎圧迫骨折や大腿骨圧迫骨折をおこしやすいので、特に注意が必要です。

股関節や膝関節が伸びなくなる

変形性股関節症や変形性膝関節症のために脚がまっすぐ伸びなくなると、前かがみの姿勢になったり、身体の重心が後ろに残ったりしてふらつきやすくなります。自分でも、ストレッチなどをして関節が曲がってこないように気をつけましょう。このように転びやすくなる原因は色々です。ふらついて、転びやすくなったなと感じる方は、早めに医療機関を受診しましょう。